京都,大阪,兵庫,滋賀,奈良を中心に旅行業の登録申請手続きを完全代行。TEL : 075-752-7350

中連協について

中連協とは?

中連協とは、正式名称を「中華人民共和国訪日観光客受入旅行会社連絡協議会」と言います。

通称として「中連協」と呼ばれている任意団体で、その目的は、中国国民の訪日観光旅行の実施に関する官公庁との連絡調整、観光客として訪日した旅客の事故、所在不明等の問題が生じたときの情報収集等を行い、中国国民の訪日観光旅行の円滑な実施を図り、もって日中友好の進展に貢献することを目的としています。

また、中連協の構成員は、観光庁の指定した中華人民共和国国民の訪日観光旅行において「日本側の身元保証人となる招聘保証書」を発行する事が出来る旅行会社となっているため、中国国民の訪日観光旅行を受け入れるインバウンド業務等を行うためには、観光庁の指定を受け、中連協の構成員となる必要があります。

日本側指定会社とは?

中華人民共和国国民(以下、「中国国民」)の訪日観光旅行を取り扱おうとする旅行会社は、観光庁から、日本側訪日団体観光旅行取扱旅行会社(以下「日本側旅行取扱会社」)としての指定を受ける必要があります。

これまでは、日本側旅行取扱会社の指定の申請は、一定の時期に限って受け付けられる方式でしたが、中国における団体観光査証発給対象地域が、中国全土に拡大されたことを機に、常時受け付ける方式になりました。

招へい保証書とは?

査証代理申請にあたり、申請者が査証を取得するのに、適切な者であることを確認できる書類となります。

日本側旅行取扱会社に指定されると、査証取扱公館へ申し出ることにより、発給を受けることが可能となります。

招へい保証書が発給されないと、中国からの訪日観光客を受け入れることができません。

お問合せ方法

お問合せ方法 メールフォームはこちら アクセスマップはこちら

このページのトップへ