京都,大阪,兵庫,滋賀,奈良を中心に旅行業の登録申請手続きを完全代行。TEL : 075-752-7350

旅行業協会とは?

旅行業協会入会のメリット

旅行業で営業を開始するためには、登録が決定した後、保証金(営業保証金)を法務局に供託するか、旅行業協会に入会し保証金分担金(弁済業務保証金分担金)を納付しなければなりません。

※ 旅行業者代理業の登録の場合には保証金の供託は必要ありません。

旅行業協会には、日本旅行業協会(JATA)と全国旅行業協会(ANTA)という2つの協会がありますが、そのどちらかに正会員として入会することにより、登録の際に必要な保証金を、5分の1の額(保証金分担金)に減額することができます。

旅行業で営業を開始するためには、以下のどちらかが必要
旅行業協会に加入しない ⇒ 保証金の供託
又は
旅行業協会に加入する ⇒ 保証金分担金(保証金の1/5の金額)の納付

たとえば、第一種旅行業の保証金は7000万円ですが、旅行業協会に入会することにより、保証金は1/5の金額の1400万円の保証金分担金で代用することができます。

旅行業の種別
保証金
保証金分担金
第1種旅行業
7000万円
1400万円
第2種旅行業
1100万円
220万円
第3種旅行業
300万円
60万円
地域限定旅行業
100万円
20万円

旅行業協会入会の費用

旅行業協会へ入会するためには、入会金・年会費が必要になります。
日本旅行業協会(JATA)、全国旅行業協会(ANTA)に入会するために必要な費用は以下のとおりとなります。

第1種や第2種の大企業がJATAへ、第2種の一部や第3種の多くがANTAへ入会しているという傾向があります。

日本旅行業協会(JATA)
全国旅行業協会(ANTA)
入会金
年会費
入会金
年会費
第1種:80万円
35万円
第1種:150万円
各都道府県
支部によって
異なります。
第2種:80万円
35万円
第2種:65万円
第3種:80万円
35万円
第3種:55万円
地域限定:80万円
35万円
地域限定:40万円

日本旅行業協会(JATA)と全国旅行業協会(ANTA)

日本旅行業協会(JATA)、全国旅行業協会(ANTA)ともに全国に支部会が置かれています。

JATAは北海度、東北、関東、中部、関西、中四国、九州、沖縄の8支部、ANTAは全国47都道府県に支部が置かれています。

JATAは支部への入会金・年会費は必要ありませんが、ANTAについては、支部への入会金・年会費が必要となります。

ANTA支部への入会金・年会費は各支部によって差がありますので、ここでは一例としてANTAの大阪支部・京都支部を挙げています。

会費等
ANTA大阪支部
ANTA京都支部
入会金
1種35万円
2種35万円
3種25万円
30万円
年会費
1種7.5万円
2種5.5万円
3種4.5万円
1種8.5万円
2種6.5万円
3種5.5万円
備考
支部会への
入会は義務です。
支部会への
入会は義務です。

入会に際してのその他のポイント

旅行業協会入会のポイント1

日本旅行業協会(JATA)または全国旅行業協会(ANTA)に入会するためには、既にそれぞれの協会に加入して3年を経過する正会員2社の紹介が必要となります。
JATAの場合は正会員2社の紹介が必ず必要ですが、ANTAの場合はそのあたりが多少おおらかで、どうしても見つからない場合などには、支部会の役員の方が推薦状を書いてくれる都道府県支部会もあります。

旅行業協会入会のポイント2.

旅行業協会の入会申請書類はJATAとANTAで添付書類は多少違いますが、旅行業登録に必要な書類と重複するものが多々あります。
旅行業登録と旅行業協会の入会手続きを並行することにより効率的に登録申請を進めることができます。

旅行業協会入会のポイント3.

日本の旅行会社のほとんどがどちらかの協会に加入しており、JATAが大企業(海外)の会員、ANTAが中小企業(国内)の会員が多いという傾向があります。

旅行業協会入会のポイント4.

JATAは本部での入会申請を随時行っているため、2週間程度で入会が完了しますが、ANTAの場合、1年に5,6度開かれる常任理事会での審査が必要なため、入会申請の時期によっては、入会まで数ヶ月程度かかることもあります。

次のページへ→旅行業務取扱管理者とは?

お問合せ方法

お問合せ方法 メールフォームはこちら アクセスマップはこちら

このページのトップへ